特殊車両通行許可 申請サービス

特殊車両通行許可申請サービス

特殊車両通行許可申請が必要な場合とは?

車両のサイズが下記の制限(一般的制限値)のどれか1つでも越える車両が道路を通行するには

「特殊車両通行許可」が必要になります。

長さ

​高さ

重さ

幅2.5メートル

12.0メートル

3.8メートル

※高さ指定道路においては4.1メートル

総重量

軸重

隣接軸重

20.0トン

10.0トン

○隣り合う車軸の軸距が1.8メートル未満  18.0トン 

(ただし、隣り合う車軸の軸距が1.3メートル以上、かつ隣り

合う車軸の軸重がいずれも9.5トン以下のときは19トン) 

○隣り合う車軸の軸距が1.8メートル以上  20.0トン

※高速自動車国道又は、重さ指定道路は25.0トン

輪荷重

5.0トン

最小回転半径

12.0メートル

特殊車両通行許可申請に関連して発生する作業

特殊車両通行許可申請

特殊車両通行許可の申請を行います。

誘導車の手配

カープや交差点を通過する際に、他車や歩行者の交通安全の確保のための誘導処置や、橋梁などの構造物の保全を目的に、誘導車が必要になります。→誘導車一覧はコチラ

特殊車両通行許可申請された車両の誘導・先導を請け負います

誘導車は、カーブや厳しい交差点部などを通過する際に他の交通安全を確保するための誘導処置や、橋梁などの構造物の保全などのために配置するものです。

■先導車による業務サポート   ■特殊な荷物、低速度輸送の先導・誘導

■重量物トレーラの先導・後導   ■長尺トレーラの先導・後導

■構内横持誘導   ■現場下見

■走行中安全の為に無線でトレーラーの運転手と連絡を取り合います。

特殊車両通行許可申請から誘導車両、当日の輸送計画作成、作業人員の確保、手配、当日の輸送まで、すべて黒潮重機興業が行います。トータルサービスですのでご安心してご依頼ください。

Copyright © 2013 Kuroshiojyu-ki. All Rights Reserved.